at:shibuya DESEO
setlist:
#1.シエスタ
#2.You’ll be there
#3.Up with you!
#4.太陽の塔
#5.スパイラル
#6.Once in a while

w/
nano sound museum(長尾 達樹 ex.KOHL, 梶谷 雅弘 from UTARI, 矢野 晶裕 from →SCHOOL←)
HomeDriveHome(トモッチ ex.東京ピンサロックス, 内海 絵里 from astrocoast)
Megane Wrench(一ノ瀬 久、古城 康行 from 倉橋ヨエコBand)
P.Y.project(根本 優樹 from STAY wander around, 瀬崎 順治 fromNANANINE)
opening act;
エモスコープ(イワタタケシ from DESEO, 梶谷 雅弘 from UTARI,高橋 奨from KOROMO,菊池 徹 from 手描きLIFE)
070625_top.jpg

スタッフまっきーのライブレポート


今日はオープニングアクトのバンドで、scopeのコピーバンドが出ていました。
私はコピーバンド(エモスコープ)が出ることを知らなかったので、途中から見ました。
エモスコープのボーカルは、以前scopeのポッドキャスト(そういえばあれからやってないけど)に出てくれた岩田君です。
私が会場に入った時はMC中で、次がラストの曲だったのですが、曲名を聞いてびっくりでした。
だって、scopeのライブでもまだ1度しか演奏していない、”スパイラル”だったので!
恐るべし、エモスコープ。しかも、とってもエモなアレンジで、オリジナルのアレンジが思い出せなくなりそうでした。
scopeの出演まで待つこと、約2時間。
いつものSEが流れ、3人がでてきました。
scopeの曲の中ではスタンダードな”シエスタ”"You’ll be there”からライブは始まりました。
でも、ちょっと固めの3人。調子いい感じじゃないなぁ。。と思っていました。あとで聞いたところでは、ライブ前に食べたご飯がよくなかったとくりちゃんと畑君。。
2曲終わり、軽い挨拶とMCのあと、「ちょっと久しぶりの曲を」という紹介があって、3曲目は、”Up with you!”でした。
そういえば、ずっと昔、scopeといえば”Up with you!”みたいな頃があって、
この曲に衝撃を受けたミュージシャンがたくさんいました。
でも、最近のお客さんはこの曲が収録されているミニアルバム”キキ”を手に入れることもできないので、この曲自体知らない人もいるかもしれませんね。
そんな有名なイントロが始まり、しばらくして畑君が「あー、ごめん。いっか、やりなおすかぁ」なんて言って、しきり直しになりました。どうもアレンジを間違えてしまったようで、くりちゃんに「いやー、畑君よかったよ今のぉ〜」なんて言われながら、結局仕切り直すことにして、ライブを再開しました。
これがきっかけだったか、最初心配していた変な固さが3人からなくなったように思いました。
久しぶりの”Up with you!”のあとは、”太陽の塔”が続き、最後のMC。
ラストは、”スパイラル””Once in a while”でした。
ハセのギターでイントロが流れると、それに併せて振り付けしたようなカウントをとった畑君。(振り付けとしか書けないけど、説明のしようがないんです。。。)
その振り付けがとてもチャーミングだなぁと思っていると一瞬にして切り替わって男らしくドラムを叩き始めるところ、
いやぁ、久しぶりに見ましたよ。かっこよかった。
話は逸れてしまうけど、、
舞を舞うような動きで自分の空間を自由自在に使ってドラムを叩くところ、最近あまり見られなかったからね。
繊細さと激しさ、両方を持つドラムこそが畑君のドラムだと私は思っています。
シンバルの響き一つ一つに彩りと華やかさを持たせられるドラム、久しぶりに聞きたいし、
是非みんなに聞かせてあげて欲しいです。
話を戻して、そんな男らしい畑君と一緒に入ってきたベースがまたよかった。
さすがアメリカで「禅”PUNK”」と呼ばれた男です。scopeのライブなのにすごくパンクな瞬間がありました。
さすがサーフコースターズ。ライブ感を出すのは、やっぱりくりちゃんだなぁと思いました。
勢いに乗っていた”スパイラル”は、エモスコープとちがって、とってもキャッチーなアレンジの曲でした。
思い出しました。
(曲がというかアレンジがというか)「若いなぁ〜」と思うけど、これを若い子がやってもこんなにかっこよくできないだろうなとも思いました。
やっちゃえるところが、この3人のすごいところ。
そして、そんな曲を作ってきて、このメンバーと活動を続けているハセが、実は一番すごい人です。
“Once in a while”はこの日、ベースからの始まりではなく、ハセのギターで始まりました。
ゴリゴリっとした音がかっこよかったけど、もっと弾きこなせてたらもっとかっこよかったな。
練習ではもっと弾けてたとあとから聞きました。
3人編成になって2回目のライブ。
今回も前回とはまた違った新鮮さがあって、楽しかったです。
次回は、吉祥寺に新しくできるライブハウスがオープンする記念すべき日。
そういえばscopeは乙のこけら落としもやりましたね。
次回も楽しみにしています。

スタッフまきの