at:shibuya DESEO
setlist:
#1.シエスタ
#2.自由が丘
#3.You’ll be there
#4.太陽の塔(新曲)
#5.even if
#6.Once in a while
#en1.since you been gone

w/
JASCO/unista/FucTrack/Take free Market
opening act;Haseyamax
070211_top.jpg

スタッフまっきーのライブレポート


“自由が丘”をリミックスしたアルバム”a hill of freedom”発売日。
JASCOのライブでは、JASCOリミックスバージョンでの”since you been gone”を、
ボーカルハセ参加でやったりしました。
普段みたことのない、ハンドマイクでのハセボーカル!
普段はやらないくせに、なんとなく様になってしまうのは、
雰囲気を真似るのが上手で、なんでもそれらしくやってしまうハセの特技のおかげです。
たくさんの方に来て頂いて、この日はずっとテンションが高かったメンバー。
“シエスタ”、”自由が丘”からscopeのライブが始まって、最初から勢いよくスタートしてました。
2曲が終わって、ちょっと長めのMC。
本日発売のリミックスアルバムの内容を紹介しました。
1曲ずつ紹介していくとお客さんが反応を示してくれるのですが、
それに対してハセが「まだ聴いてないんだもんね。だから”フー”とか言えるんだよ(笑)聴いたらね、言えないから(笑)」
と言っていました。実際にCDを聴いたら、その意味がわかったんじゃないかなと思います。
曲は、”You’ll be there”から、新曲”太陽の塔”へ。
ライブ以前に私は、この曲のリハテイク音源を、scopeの新曲とは知らずたまたま耳にすることがあって、初めて聴いたその曲がとてもよかったので思わず、
「これ誰(の曲)?」
と聴いてしまいました。いつものメンバーの演奏で、ボーカルはハセなのに(笑)、scopeとは全く思わず、「いい曲じゃん、誰よこれ〜」と、チェックを入れるノリで聞いてしまった自分に驚いて、笑いが止まりませんでした。
残念ながらライブでこの曲の雰囲気を十分に出せるほどはまだ演奏しきれなかった部分はありましたが、是非音源にしてみなさんにもじっくり聞いて欲しいなと思います。
この日は、深夜イベントも予定していたので、イベントのお知らせをMCで挟み、ハセ曰く「大人な曲」”even if”、ラストは”Once in a while”であっという間の30分でした。

スタッフまきの