at:大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
setlist:
#1.since you been gone
#2.自由が丘
#3.even if
#4.to be
#5.a will
#6.Once in a while
w/
air code/Strawberry life/ANDER PRESSER/umder50
061128_top.jpg

スタッフまっきーのライブレポート


実は大阪は今回のツアーの中で、一番チケット予約が多かったのに、
残念ながら、正直お客さんでいっぱいとは言えなかった。
それでも来ていたお客さんは、ステージ間近に集まっていて、
恐らく初めてみるであろうscopeのステージを、期待して待っているのが後ろ姿からも分かったし、ライブ中も曲を一緒に口ずさむ人や少しずつリズムにのっている姿がみられ、楽しんでもらえているのがわかってうれしかった。
子供が楽しそうにしていたのが印象的で、
リズムにのってドラムを叩くまねをしていた。
Since you been gone、自由が丘で始まり、
特にeven ifでは、じっと聴き入ってしまった。
カウントなどなくヨッキーのピアノから始まり、
あわせてくりちゃんのベースが入る。
そしていつもこの曲では個人的にアロンのギターに一番、ぐっときてしまう。
アロンの繊細でありながら、がつんとした存在感がある音は、
今回のアルバムの中でもとても重要な役割を果たしたと私は思っているが、
ライブにおいても、それは同じだ。
もちろんライブはこの曲からぐっと盛り上がって、
そのままto be,a willと流れた。
a willという曲はこのメンバーだからこそなせる演奏が聴ける。
まさしくLIVE(=生)であることを、メンバーも楽しんでいるし、
聴いている側にもそれががんがんに伝わってくる。
リズム隊の二人(畑君とくりちゃん)が”ライブ”という手段を使って、
コミュニケーションをとっているのが分かる。
叫んだり、煽ったりするような声をだしたり、笑顔になったり、真剣な表情になったり、何回見ても二人のこの姿はいい。
軽くMCが入り、ライブはそのままの勢いを持って、Once in a whileで締めた。

スタッフまきの