at:秋田SWINDLE
setlist:
#1.since you been gone
#2.自由が丘
#3.even if
#4.time to go on
#5.to be
#6.シエスタ
#7.a will
#8.サクラ
#9.Once in a while
#en1.クロニクル

w/
halos/joystick/neil/本間貴士
06102801.jpg

スタッフまっきーのライブレポート


秋田へ出発したのは前前日深夜。
待ち合わせをしたデセオの事務所で、
畑くんとくりちゃんが、scopeの掲示板に出発の挨拶を書き込み、出発を待っておりました。
このあとのことは、くりちゃんの日記(ウヲノメバン)で!(ハセの日記と同じでごめんなさいっ(笑))
なので、時間は飛んで本番当日。
長谷山家にすっかり馴染み、住人のように食事を済ませた一行は、
ライブハウスへリハーサルに向かいました。
天井が高くて広々としたきれいなライブハウスです。
入り口に張られたスケジュールをみると、つい10日ほど前には、
木村カエラちゃんがライブをしているところのようです。
リハや準備も無事に終わり、当然のように長谷山家に帰る一行。
いつものライブに比べ、なんともリラックスムードです。
修学旅行のような大きな部屋でくつろぐみんな。
いつのまにか、お夕飯が用意されていました。
おいしそうに天ぷらを食べるみんなを尻目に、会場へむかう私。
ライブハウスへ入って、実はおどろきました。
開場したばかりの時間なのに、もうたくさんのお客さんがいたからです。
そして、まだまだこの後もいらっしゃるようでした。
うれしくなりました。
まもなくして食事が終わったみんなもライブハウスに到着し、
物販席の周りでくつろいだり、他のバンドさんのライブをみたり、
機材の準備をしたりしながら、scopeは出番を迎えました。
scopeが出演したときは、時間がすでに22:30を過ぎていました。
東京では終電の時間を考えると、(深夜イベントを除き)この時間にライブを始めるということがまずないので、
たくさんの人が残っていてくれた事に驚きました。ありがたかったです。
たくさんの人たちがいて、その多くの人たちはscopeを見るのは初めてなのに、
みんな期待した目でみていて、そのわくわく感が後ろから見ている私にも伝わってきました。
いつもはあまりやらないのに、ヨッキーがお客さんに手拍子を煽ったりする姿も、
このライブの雰囲気にはとてもあっていて、いいライブでした。
最後にはアンコールまで頂き、クロニクルを演奏させていただきました。
[写真]リハーサル風景/この日が販売初日だったTシャツ/物販席で談笑するアロンと猪木顔した畑君(ごめん!なごやかな雰囲気でいい写真だったから。。。)/本番/手入れの行き届いた長谷山家の庭にあった木の実

スタッフまきの