スタッフまっきーのライブレポート


しあわせ団地に出演するのは今回で二回目。今回もいろいろとよくしていただいて感
謝しております。主催のお二人、来てくださった皆様、本当にありがとうございまし
た。
セレナーデから始まるライブ。といえばチューニング事件ですが(苦笑)、もうあれも
半年も前の話。ライブ中はそんなことを思い出すこともなく、むしろすっかり忘れ去っ
ていた私は新鮮な気分で聞いていました。この日のライブはちょっと予想外の選曲。
実はいつもはハセが決めることが多いのですが、このセットリストはハセがリハを少
し抜けている間にハセ”以外の”メンバーが作ったのです(笑)なので、どうして一曲
終わるたびにハセはアコギとエレキを持ち替えてるんだろうと思った方も少し納得し
ていただけるのではないでしょうか(笑)そうして、なんだかあわただしくもscopeシ
ングルセレクション的装いのライブ本編をお楽しみいただいたわけです。
アンコールを頂いた後は、本日のお楽しみの二つ目でもあるセッションです。
曲は、サザンオールスターズの”勝手にシンドバッド”。なぜこの曲なのかはともか
く、なんだか異様な盛り上がりでした。セッションに関しては少し遡ること、数日。
セッションのために集まったリハではなんとアロンが欠席(笑)(ばらしちゃってごめ
んなさいっ)理由は忘れていた?ということなので仕方がありません(笑)その日の深
夜、やっと連絡がとれたアロンは、皆が麻雀をたのしんでいる横で一人ギターを練
習(笑)『そこはこういう展開で…』等々の指導を受け、本番に望むこととなりました。
当日は、scopeのリハをやった後、そのまま他のバンドの皆さんを交えセッションの
リハも行われました。まず歌詞カードを配り、どういう展開でいくのかを説明するハ
セ。その姿に『ハセ、先生みたーい』と賞賛を受けつつ、リハはほぼ一発O.K.!
ライブ後、ネストのスタッフさんから言われたのは『いつもセッションのリハをやる
ときって、誰が仕切るの?的雰囲気が一瞬漂ったりするんですけど、今日のハセさん
には助かりましたっ』とのお言葉!思わぬところでの活躍ぶりでした。
モニターに足をかけて、サーフの中さんバリにギターソロを弾くハセ。原ボー希望だっ
たヨッキーがメインボーカルをとってしまうなど、scope的にも見所たっぷりのセッ
ションでした。
そんなライブが終わり楽屋に戻ったメンバーは、今度は紙とえんぴつを手に、なにや
ら熱い討論をしています。
何をしているのか訪ねたところ、逆に台形の面積の求め方を聞かれてしまいました。
さらに謎が深まりつつ様子を伺っていると、仮に底辺がわかっていたらピラミッドの
高さは求められるのか?というのが主旨らしいということが分かりました。
それからはもう大変です。お客さんがいなくなり出演者の打ち上げが始まろうとして
いるネストのロビーにいる人いる人に「どうやったら求められるのか」を聞いて回る
騒ぎ。家族に電話する人やら、理系の友達に電話する人やら。打ち上げが始まってか
らもロビーに鎮座する屋形船の中で、ひたすら議論を続けました(写真参照)
結論として、それは求められないということに落ち着き話は、今からでも勉強をし直
したいということになりました。
そんなscope君たちのこの日の結末は、高校入試問題に挑むでした。。。本当の話(
笑)(写真参照)

スタッフまきの