スタッフヤマオのライブレポート


会場がopenしてから、映像が流れていたり、ペテカンさんたちの演劇があったりで、
一番目だとは思えないほどDeSeOの温度は上がってました。
トップバッターscope!力強く始まった「monochrome」。
テンション下げる事なく続けて「キキ」。
そして、かっこよく!!しっかりと聴かせてくれた「シエスタ」「to be」「Up with you!」。
この3曲、どっぷり酔いしれました。
6曲目は「You’ll be there」。いつもと違って少しロック風味。
こうゆう「You’ll be there」もいいものです。
ラスト2曲になり、「クロニクル」。とても深いところから心を突き刺された気持ちになりました。
そして最後は「Once in a while」。
『今日はどうもありがとう!』この言葉が曲に現れているようで嬉しくなりました。
最後まで加速しつづけたscope、トップバッターとしての役目をちゃんと果たしてくれたのではないでしょうか。
ペテカンさんには《スクープ》と間違われたりしましたが《スコープ》です!
ザッツエンターテイメント!ガッツJAPANバンザイ!!

スタッフヤマオ